メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビーW杯2019

桜の羅針盤 鍵握る「インパクト」

 W杯日本大会で初戦から3連勝中の日本代表は8日、スコットランドとの1次リーグ最終戦(13日、横浜・日産スタジアム)に向けて東京都内で調整した。日本の快進撃を支えているのが控え選手だ。試合途中から出場し、効果的な活躍でチームに勢いをもたらしている。流れを変える頼もしい控え選手たちが、初の決勝トーナメント進出の鍵を握る。

 選手交代が3人に限られるサッカーとは異なり、ラグビーは8人の控えを全員投入できる。後半の勝負どころ…

この記事は有料記事です。

残り408文字(全文618文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 診療所の倉庫に複数のクマ「ライト当てると目が動いた」 新潟・南魚沼

  3. 中村哲さん、無言の帰国 妻、長女らがひつぎに花束 葬儀は11日、福岡市で

  4. 中村哲さん銃撃後「誰も生きていないな」武装集団4人前後、計画的犯行か

  5. 「アフガニスタンは、真の英雄を失った」 カブールなどで中村哲さん追悼集会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです