メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あいちトリエンナーレ 不自由展再開、物々しく 金属探知機で身体検査

「表現の不自由展・その後」の入場前に金属探知機でチェックを受ける人たち=名古屋市東区の愛知芸術文化センターで2019年10月8日午後2時7分(代表撮影)

 開幕からわずか3日で中止に追い込まれた国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」が再開された8日、警備が強化された会場では鑑賞希望者が、人数を制限された入場枠の抽選に長蛇の列を作り、当選者は金属探知機による身体検査を受けるなど、ものものしい雰囲気に包まれた。大きな混乱はなかったものの、会場内外では再開への賛否が交錯し、緊張が走る再開初日となった。

 不自由展の入場は計2回に制限。1回につき30人に絞られ、2回の定員60人に計1358人の希望者が長…

この記事は有料記事です。

残り624文字(全文866文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位礼正殿の儀 安倍晋三首相の寿詞全文

  2. 「お母さん、大丈夫?」呼び掛けに返事なく 次女、階下の100歳救えず 福島・いわき

  3. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  4. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

  5. 皇室 天皇陛下「象徴としてのつとめを果たす」 2000人参列し「即位礼正殿の儀」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです