メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トピック最前線 インバウンド増加に対応 観光業を保険でサポート

 インバウンド(訪日外国人旅行者)の増加に対応し、観光業に向けた損害保険サービスが多様化している。通訳時に発生するトラブルを補償する商品のほか、ビジネス拡大を目指す事業者にはコンサルティングで対応。観光業の振興を後押しし、保険会社側には収益拡充につなげたい思惑もあるようだ。

想定外の事態に対応

 「あっ、しまった!」。外国人客を案内していた通訳ガイドが、預かったカメラを落としてしまった。カメラは壊れたが、数万円の修理費などは保険でカバーできた。

 三井住友海上火災保険は1月、外国人客を案内する通訳案内士を対象とした保険を始めた。

この記事は有料記事です。

残り619文字(全文883文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「職員室が怖かった分、子供といる時間幸せで…」いじめ被害教諭メッセージ全文

  3. 神戸教諭いじめ 加害者の男性教員が児童骨折させる 他にも問題行為か

  4. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  5. 「いけないことを教える立場が」「人間として恥ずべき」神戸教諭いじめ 謝罪コメント要旨

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです