メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

上坂すみれ

ロシア&戦車ファンの人気声優が「T-34」の魅力解説 ロシア語も披露 映画特別映像

映画「T-34 レジェンド・オブ・ウォー」のビジュアル(左)と特別映像のナレーションを担当した上坂すみれさん (C)Mars Media Entertainment, Amedia, Russia One, Trite Studio 2018

[PR]

 声優の上坂すみれさんがナレーションを担当する、映画「T-34 レジェンド・オブ・ウォー」(アレクセイ・シドロフ監督、10月25日公開)の特別映像が10月9日、公開された。上坂さんは、自他共に認めるロシアと戦車オタクであるといい、戦車を使って戦う“戦車道”をテーマにしたアニメ「ガールズ&パンツァー」にも声優として出演。特別映像では、上坂さんがロシア語を交えながら、劇中に登場するソ連軍の“世界最強の戦車”T-34の魅力などを解説している。

 「T-34 レジェンド・オブ・ウォー」は、第2次大戦下が舞台。ナチス・ドイツ軍の捕虜となってしまったソ連の新米士官イヴシュキンが、ナチスの戦車戦演習のため、ソ連の最強戦車T-34を操縦することを命令される……という展開。

 特別映像では、上坂さんがT-34の特徴を「鉄壁の装甲」「群を抜く機動力」とシリアスなトーンで紹介。上坂さんは、高校時代に旧ソ連時代の書記長演説や、旧ソ連国歌に影響を受け、上智大学外国語学部ロシア語学科に進学したといい、映像では本作の魅力を「Классно(素晴らしい)ポイント」としてロシア語を交えながら熱弁している。

 本作を鑑賞した上坂さんは「戦車がとにかくカッコイイ! 21世紀にこんな戦車映画が見られるとは……エンターテインメントが詰まっていて、めちゃくちゃ元気が出る映画でした!」と語っている。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. マスク着用や消毒を徹底 水害後の感染症に警戒を

  3. 千曲川決壊、過去最大の水量による水圧 越水も重なる 台風19号

  4. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  5. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです