サッカー日本代表

W杯アジア2次予選 日本 vs モンゴル

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

60秒で自動更新

  • ON
  • OFF
2019年10月10日(木) 19時35キックオフ 埼玉スタジアム
日本6

4-0

2-0

0モンゴル

南野(前半22分)

吉田(前半29分)

長友(前半33分)

永井(前半40分)

遠藤(後半11分)

鎌田(後半37分)

得点者


【日本-モンゴル】前半、ヘディングで追加点を決めて喜ぶ永井(右)=埼玉スタジアムで2019年10月10日、藤井達也撮影
【日本-モンゴル】前半、ヘディングで追加点を決めて喜ぶ永井(右)=埼玉スタジアムで2019年10月10日、藤井達也撮影

<写真特集はこちら>

 サッカーの2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会アジア2次予選F組の日本(国際サッカー連盟ランキング31位)は10日、埼玉スタジアムでモンゴル(同183位)と対戦し、6―0で大勝した。

<元横綱朝青龍が観戦>モンゴルを三段目力士にたとえ「日本との対戦、夢のよう」

<スピードスター伊東>先発フル出場で光った3アシスト、森保Jに新たな武器

<「恥ずかしいから10年ぶりと言わないで」長友09年以来の代表戦ゴール>

 日本は初戦のミャンマー戦(9月)に続く白星。2戦2勝で勝ち点6とした。モンゴルは1勝2敗で同3。日本はモンゴルと初めて対戦した。

 日本は15日、3連勝を目指してアウェーでタジキスタン戦に臨む。

試合後のコメント

森保監督 選手たちはハードワークしてくれた。みなさんに喜んでもらえる結果を出せてよかった。相手に合わせることなく、相手に挑んでいく、我々がアグレッシブに積極的にプレーしようということを選手たちがこの試合でもトライしてくれた。次の試合(15日のタジキスタン戦)に向けても、またチーム一丸となって、最善の準備をしてアウェーで勝利できるようにしたい。

吉田 (自身のゴールについて)宏樹が(蹴ったボールが)そのまま入れば良かったが、相手がいてさわるしかなかったので…ラッキーだった。あれだけセットプレーがあって僕自身ももっと得点できたと思う。チームとしても(あと)2、3点は取れた。相手とのレベルの差はあったが、しっかり勝ち点3を取って次に進められるのはよかった。(チーム内の競争について)もっと激しくなっていいと思う。全てのポジションで競争が生まれることが、チームが活性化するチャンスになると思う。

南野 ホーム初戦だったので絶対に勝ちたかった。チームの勝利に貢献できてとてもうれしい。大迫選手がいないということは僕自身、あまり気にしていなかった。誰が出ても高いレベルの選手が揃っている。今日もそれを証明できたと思う。

長友 (代表戦10年ぶりのゴールについて)いつも狙っていたが、遠かった。うれしいです。経験もあるので、落ち着いて(試合に)入れた。前半で勝負を決められたのでよかった。サイドから攻撃しようというのはチームで話し合っていた。


【試合終了】

後半45分+1

【日本】冨安が足を痛めたようでピッチに座り込む。そのままピッチの外へ

後半45分

アディショナルタイムは2分

後半44分

【日本】右サイドから伊東がクロス。吉田が競り勝って高い打点のヘディング!ボールはわずかに枠の右へ

後半42分

【モンゴル】オユンバートル→ジャンチブ

後半40分

【日本】ゴール前での密集の中、高く上がったボールがDFに当たって鎌田の前に。ゴールエリア右、鎌田は倒れ込みながら左足でシュートを狙うも、ゴール左に外れてしまう

後半37分【GOOOOOOAL】

【日本】ペナルティーエリア手前から遠藤がミドルシュートを放つ。GKははじくのが精一杯...こぼれ球に素早く反応した鎌田が押し込んで日本がリードを広げる

【日本-モンゴル】後半、ヘディングでゴールを決める鎌田=埼玉スタジアムで2019年10月10日、宮武祐希撮影
【日本-モンゴル】後半、ヘディングでゴールを決める鎌田=埼玉スタジアムで2019年10月10日、宮武祐希撮影

後半34分

【日本】右CK。クリアのこぼれ球に反応した安西がペナルティーアーク付近からシュート!ゴール前にいた遠藤に当たってコースが変わり、ラインを割ってゴールキックに

後半33分

【モンゴル】B・バトボルド→マラトハン

後半30分

【日本】スルーパスに抜け出した伊東が右サイドからクロス。ゴール前の原口を通り過ぎてファーサイドの鎌田に渡ると、鎌田はトラップからのシュート!少し時間がかかってしまい、詰められてブロックされる

後半25分

【モンゴル】プレブドルジ→ニャムオソル

【日本】永井→原口

後半21分

【日本】右CK。中島が蹴り込んだボールに冨安が打点の高いヘディング!これはGKがはじく。そのボールをファーサイドに走り込んでいた鎌田が左足で合わせる。目の前に吉田がいた影響か、クロスバーの上へ外してしまう

後半20分

【日本】敵陣右サイドから伊東がミドルシュート!ゴール右へのシュートはGKにはじかれCKに

後半16分

【日本】南野→鎌田

後半12分

【日本】酒井宏→安西

後半11分【GOOOOOOAL】

【日本】左CK。中島のインスイングのボールにニアサイド、遠藤が飛び込む。遠藤の後方から一緒に入り込んだ酒井宏の顔にボールが当たるとそのままゴールの中に...。日本が5点目。記録は遠藤のゴール

後半8分

【日本】敵陣右サイド浅い位置から伊東が鋭いストレート系のボールを供給。ピンポイントの好クロス。前のCKで攻め上がっていた吉田が反応したがDFに阻まれる

後半6分

【モンゴル】ノルジモーが左サイドからグラウンダーのアーリークロス。これはGK権田にそのままキャッチされる

後半2分

【日本】伊東が敵陣右サイドへスルーパス。永井が走り込むと中央へ。GKがさわれずゴール前の南野に渡ったが、シュートはDFにクリアされる

【後半開始】


観客席には元横綱・朝青龍のドルゴルスレン・ダグワドルジ氏の姿も

【日本-モンゴル】観戦に訪れた元横綱・朝青龍のドルゴルスレン・ダグワドルジ氏=埼玉スタジアムで2019年10月10日、宮武祐希撮影
【日本-モンゴル】観戦に訪れた元横綱・朝青龍のドルゴルスレン・ダグワドルジ氏=埼玉スタジアムで2019年10月10日、宮武祐希撮影

【前半終了】

前半45分+1

【日本】スルーパスに抜け出した南野、ペナルティーエリア右からシュートではなく左で呼ぶ永井へのパスを選択。しかし、グラウンダーのパスはDFにひっかかりフリーで待つ永井にはつながらず

前半43分

【日本】自陣で南野が敵陣左のスペースへボールを送ると永井が反応し中央へパス。センターサークル付近で、走り込んでいた中島につながるも倒されてボールを奪われる

前半40分【GOOOOOOAL】

【日本】右サイドで酒井宏のヒールパスを受けた伊東がクロス。永井が相手の前にうまく体を入れてヘディングシュート!ネットを揺らし、日本が4点目を奪う

前半33分【GOOOOOOAL】

【日本】右サイド、南野とのワンツーで伊東が抜け出すと中央へグラウンダーのクロス!GKの届かないところにボールが転がる...走り込んでいた長友がフリーで無人のゴールへ流し込み3点目

【日本-モンゴル】前半、追加点を決めた長友=埼玉スタジアムで2019年10月10日、藤井達也撮影
【日本-モンゴル】前半、追加点を決めた長友=埼玉スタジアムで2019年10月10日、藤井達也撮影

前半31分

【日本】ペナルティーエリア手前右からのFK。中島が直接右足で狙うもゴール右上に外れてしまう

前半29分【GOOOOOOAL】

【日本】左CK。中島のクロスにニアサイドで遠藤が競る!GKがはじいたボールに酒井宏が反応して右足に当てつなげると最後は吉田が頭で押し込む!日本、追加点

前半22分【GOOOOOOAL】

【日本】縦パスに反応した伊東がスピードに乗ったまま鋭いクロス。ペナルティーエリア中央で待っていた南野が頭で合わせてゴール左に沈める!日本が先制

【日本-モンゴル】前半、南野がゴールを決めて喜ぶ=埼玉スタジアムで2019年10月10日、宮武祐希撮影
【日本-モンゴル】前半、南野がゴールを決めて喜ぶ=埼玉スタジアムで2019年10月10日、宮武祐希撮影

前半18分

【日本】ペナルティーアーク付近で長友がボール奪取。そのまま左足でシュートを狙うも枠外へ

前半18分

【日本】左サイドから中島がカットインして右足クロス。南野が頭で合わせたがGK正面

前半16分

【日本】左サイドから南野が左足でゴール前に送ると永井が飛び出しワンタッチでゴールを狙う。これはGKに阻まれる

前半12分

【日本】3人目の動きで南野が抜け出しペナルティーエリア右に進入。鋭いクロスはGKにはじかれ味方にはつながらない

前半12分

【日本】右CK。中島のアウトスイングのボールに遠藤が頭で合わせたがDFに当たってわずかに枠の左へ。もう一度CKに。左からのCKはGKにパンチングされシュートまで持ち込めず

前半10分

【日本】右サイドで伊東が仕掛けてファウルを誘う。ペナルティーエリア右脇からのFK。ファーサイドで酒井宏が頭で折り返すも味方にはつながらない

前半7分

【日本】左サイドからの長友のクロスにペナルティーエリア右で待っていた伊東が頭で合わせる。こぼれ球を柴崎が拾うと縦パス。反応した伊東が再び持つと右足でシュート!しかし、DFに阻まれてGKにキャッチされる

前半4分

【日本】酒井宏が右サイドを突破して深い位置から中を見てクロス!ゴールエリア左付近で南野が左足で合わせたが枠をとらえられない

前半3分

【日本】伊東が右サイドで仕掛けてDFをかわすとクロスを供給。ニアで永井が狙ったが頭をかすめて逆サイドへ流れてしまう

前半2分

【日本】敵陣右サイドから酒井宏がアーリークロスを送る。永井が反応したがオフサイドの判定

前半1分

【日本】試合開始早々、南野がシュートを狙う!これはDFにブロックされる

【試合開始】

日本のボールでキックオフ


両チームの選手たちがピッチに登場。日本のキャプテンマークは吉田が巻く


W杯アジア2次予選モンゴル戦の前日練習に臨む南野(中央)、柴崎(右端)ら日本代表の選手たち=藤井達也撮影
W杯アジア2次予選モンゴル戦の前日練習に臨む南野(中央)、柴崎(右端)ら日本代表の選手たち=藤井達也撮影

午後7時35分キックオフ予定

 サッカーの2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会アジア2次予選でF組の日本(国際サッカー連盟=FIFA=ランキング31位)は10日午後7時35分から、埼玉スタジアムでモンゴル(同183位)と対戦する。モンゴルとは初対戦となる。日本代表の先発メンバーが発表になり、長友佑都(ガラタサライ)、中島翔哉(ポルト)、南野拓実(ザルツブルク)らが名を連ねた。1トップには、負傷の大迫勇也(ブレーメン)に代わって永井謙佑(FC東京)が入った。久保建英(マジョルカ)はベンチスタートとなった。

日本代表の先発メンバー

GK:権田修一(ポルティモネンセ)

DF:長友佑都(ガラタサライ)▽冨安健洋(ボローニャ)▽酒井宏樹(マルセイユ)▽吉田麻也(サウサンプトン)

MF:柴崎岳(デポルティボ)▽遠藤航(シュツットガルト)▽中島翔哉(ポルト)▽伊東純也(ゲンク)▽南野拓実(ザルツブルク)

FW:永井謙佑(FC東京)

 初戦で勝ち点3を挙げた日本に対し、モンゴルは1勝1敗で同3。森保監督は「いろんなバリエーションを使って、相手の堅い守備を崩していく。複数のアイデアを持って、相手の嫌がる攻撃をしていく。その上で得点を奪えるように、賢くかつハードにプレーしてもらいたい」と期待した。

 モンゴルについて「フィジカルが強い。よりタフに激しく厳しく戦ってくる」と評する森保監督。球際を制することができるかが、試合の一つのポイントになりそうだ。

 絶対的なエースの大迫をけがで欠き、15日には敵地でのタジキスタン戦(ドゥシャンベ)も控えており、選手起用を含めた攻撃面は、森保監督の手腕の見せどころだ。FIFAランキング115位のタジキスタンは現在2連勝中で、10日に試合はなく万全の状態で日本を迎え撃つ。それだけに、この2試合で日本は一丸となってエース不在をカバーしたい。【福田智沙】

<厳しく険しいW杯への道>ミャンマー戦をテキストで振り返る

<約1年ぶりの代表復帰>浅野拓磨「変な緊張をしてしまう」

<「ラグビーが好き」な久保>自身のゴールは「期待してもらって大丈夫です!」

<今頃日本でW杯に出場していたかも>サッカー界の"ラグビー経験者"たち

あわせて読みたい

ニュース特集