メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

共産党、天皇陛下即位の礼儀式欠席へ 「憲法の国民主権や政教分離と両立しない」

日本共産党中央委員会が入るビル=東京都渋谷区で2019年5月14日、曽根田和久撮影

[PR]

 共産党の小池晃書記局長は9日の記者会見で、22日から始まる天皇陛下の「即位礼正殿の儀」などの儀式について「現行憲法の国民主権や政教分離と両立しない」と述べ、党所属議員は欠席すると明らかにした。平成への代替わりの際も出席していない。

 一連の儀式は、天皇陛下が即位を内外に宣言する「即位礼正殿の儀」、五穀豊穣(ほうじょう)を祈る「大嘗祭(だいじょうさい)」、即位に伴う祝宴「饗宴(きょうえん)の儀」などがある。小池氏は「一連の儀式は、(旧皇室令である)登極令を踏襲する。国の儀式とすることに党として反対だ」と説明した。【浜中慎哉】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 詐欺罪問われた男性に無罪 「調べが適切か検証の必要」 大津地裁判決

  4. クックパッドニュース SNSで大人気!調理にも保存にも大活躍の「アイラップ」を使ったレシピ

  5. ことば AYA世代

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです