菅直人元首相に「煩悩あるなら、お遍路いかが」 玉木代表、国民人事の批判に

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
白装束で「歩き遍路」中の菅直人元首相=愛媛県今治市の五十五番札所「南光坊」で2011年10月3日午前11時0分、津島史人撮影
白装束で「歩き遍路」中の菅直人元首相=愛媛県今治市の五十五番札所「南光坊」で2011年10月3日午前11時0分、津島史人撮影

 国民民主党の玉木雄一郎代表は9日の記者会見で、同党人事に立憲民主党の菅直人元首相が批判したことに対し、「統一会派のマイナスになることは慎んでいただきたい。何か迷いがあれば、四国お遍路に行っていただきたい。案内する」と不快感を示した。かつて菅氏は四国八十八カ所を巡ったことがある。玉木氏は衆院香川2区…

この記事は有料記事です。

残り217文字(全文367文字)

あわせて読みたい

注目の特集