メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本語教育機関がある国・地域が142で過去最高に

国際交流基金が実施している「日本語パートナーズ」派遣事業のウェブサイト

 国際交流基金は8日、海外で日本語教育機関がある国・地域の数が142で過去最高になったとの2018年度の調査結果を発表した。教育機関数、教師数も過去最多でアジアでの増加が目立った。学習者数は約385万人で、初の減少を記録した15年度の約366万人からは回復した。

 1974年から約3年に1回行う「海外日本語教育機関調査」で、基金の海外拠点や日本大使館などから調査票を送る形で実施。1万9306機関が答え、回答率は96・89%だった。

 それによると、日本語教育機関がある国・地域は、前回以降ジンバブエ、東ティモール、ベリーズ、モザンビ…

この記事は有料記事です。

残り860文字(全文1126文字)

和田浩明

1991年4月入社。英文毎日編集部、サイバー編集部、外信部、大阪社会部を経て2003年10月から08年3月までワシントン特派員。無差別発砲事件、インド洋大津波、イラク駐留米軍や大統領選挙を取材。09年4月からはカイロに勤務し、11年1月に始まった中東の民主化要求運動「アラブの春」をチュニジア、エジプト、リビア、シリア、イエメンで目撃した。東京での中東、米州担当デスク、2度目のワシントン特派員などを経て2019年5月から統合デジタル取材センター。日本社会と外国人住民やLGBTなどの今後に関心がある。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  2. ORICON NEWS ヒゲダン・藤原聡、一般女性との結婚報告「気持ちを新たに人生を歩む」

  3. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  4. 夢は人工臓器開発 ベルギーの9歳、オランダ名門大卒業へ

  5. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです