日本語教育機関がある国・地域が142で過去最高に

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
国際交流基金が実施している「日本語パートナーズ」派遣事業のウェブサイト
国際交流基金が実施している「日本語パートナーズ」派遣事業のウェブサイト

 国際交流基金は8日、海外で日本語教育機関がある国・地域の数が142で過去最高になったとの2018年度の調査結果を発表した。教育機関数、教師数も過去最多でアジアでの増加が目立った。学習者数は約385万人で、初の減少を記録した15年度の約366万人からは回復した。

 1974年から約3年に1回行う「海外日本語教育機関調査」で、基金の海外拠点や日本大使館などから調査票を送る形で実施。1万9306機関が答え、回答率は96・89%だった。

 それによると、日本語教育機関がある国・地域は、前回以降ジンバブエ、東ティモール、ベリーズ、モザンビーク、モンテネグロの5カ国が加わった。機関数は1万8604で前回比2425機関、15%増えた。最多は韓国(2998機関)で、インドネシア、中国、オーストラリア、米国などが続いた。

この記事は有料記事です。

残り771文字(全文1126文字)

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集