メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

関電八木会長の辞任決定 当初続投意欲も、政府、世論の批判受け

記者会見する関西電力の岩根茂樹社長(右)と八木誠会長=大阪市福島区で2019年10月2日、平川義之撮影

 関西電力の八木誠会長(69)は9日の臨時取締役会で辞意を表明し、了承された。高浜原発がある福井県高浜町の元助役から、八木会長自身を含む関電幹部らが多額の金品を受け取っていた問題の責任を取る。岩根茂樹社長(66)は残留して事態収拾に当たるが、第三者委員会の調査が終わる段階で辞任する見通しだ。両氏は同日午後3時から記者会見を開く。

 問題が発覚した当初、両氏は続投に意欲を示していたが、政府や世論の批判を受けて、わずか2週間でトップ辞任に追い込まれた。岩根社長は、電力各社でつくる電気事業連合会の会長も退く方向だ。

この記事は有料記事です。

残り464文字(全文720文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. 手話で受け付け 病院予約を代行 藤岡市、ビデオ通話 /群馬

  3. はや2くんの大航海 HAYABUSA2応援ページ はやぶさ2帰還をスマホで体感 大気圏に進入「火球」観測アプリを公開 JAXA

  4. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

  5. 政府、皇籍離脱の女性皇族に「皇女」の尊称検討 公務への協力委嘱

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです