メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

関電の矮小化しようとする姿勢に批判高まり 八木会長辞任へ

記者会見中、厳しい表情を見せる関西電力の八木誠会長=大阪市福島区で2019年10月2日、平川義之撮影

 福井県高浜町の元助役から金品を受け取っていた問題の発覚後、続投する意向を示していた関西電力の八木誠会長が一転、辞任の意向を固めた。2日の記者会見では「再発防止策を徹底し、経営責任を果たしてまいりたい」と述べていたが、自身も859万円相当の金品を受け取ったうえ、発覚後に関電が開いた2回の記者会見で問題を矮小(わいしょう)化しようとする企業姿勢に批判が高まり、辞任に追い込まれた。

 問題の発覚は9月下旬。関電幹部が元助役の森山栄治氏(3月に90歳で死去)から多額の金品を受け取って…

この記事は有料記事です。

残り1083文字(全文1323文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 犬の頭上から猫が生えてきている? SNSで話題の“ひょっこりにゃん”写真が撮れた理由とは

  2. 植松被告接見一問一答(18~26回目)「死刑になるつもりはないです」「価値のある人間になりたいと思っていた」

  3. 桜を見る会 内閣府「論理破綻」の内幕と説明 名簿廃棄後も復元試みず

  4. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

  5. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです