メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

兵庫・淡路市が江戸初期の寄贈住宅取り壊し検討 子孫「壊さないで」と反発

岡田鴨里=神奈川県立歴史博物館提供

 兵庫県淡路市が33年前に幕末の儒学者、岡田鴨里(おうり)(1806~80年)の子孫から寄贈を受けた江戸時代初期の庄屋屋敷の取り壊しを検討している。鴨里の生家の一部で、屋敷を活用した宿泊事業が9年前に終了し、荒廃が進む。鴨里の子孫でチベット学者の石浜裕美子・早稲田大学教授(57)=東京都=は「寄贈者の遺志に反する」と反対し、「建物の価値を認めないなら時価で売ってほしい」と市教委に申し出た。

 鴨里は淡路島(淡路市王子)の庄屋に生まれ、京都で頼山陽に師事。山陽の死後、師の「日本外史」を書き継いだ「日本外史補」を著し、勤王運動に影響を与えた。

この記事は有料記事です。

残り830文字(全文1101文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  3. 見つけた・この店 新潟 まじガマンできない 食パンは耳まで軟らかく /新潟

  4. コロナ感染者ゼロ 「絶海の島」を逆手にとったパラオから日本へのメッセージ

  5. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです