メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

無料通信アプリ「テレグラム」で少女と連絡か 大麻取締法違反容疑で元少年逮捕 京都府警

京都府警本部=京都市上京区で、大東祐紀撮影

[PR]

 京都市の中学3年だった少女(15)に今年2月、大麻を譲り渡したとして、京都府警が9日、関東地方に住む当時19歳の元少年(20)を大麻取締法違反(譲渡)容疑で逮捕したことが捜査関係者への取材で判明した。2人は秘匿性が高いとされる無料通信アプリ「テレグラム」を利用して連絡を取り合っていたという。府警によるとテレグラムを使った事件での逮捕は全国初とみられる。

 元少年は今年2月、少女に大麻を譲り渡した疑いが持たれている。捜査関係者によると、少女がツイッター上で隠語を使って大麻の譲渡依頼を投稿。元少年が応じてテレグラムに誘導し、具体的なやりとりをしたという。府警は元少年が他にも大麻を販売していないか捜査している。

 テレグラムはロシア人が開発した無料通信アプリ。送受信歴などの痕跡を一切残さずにいつでもメッセージを消去することが可能で、他のアプリに比べて秘匿性が高いとされる。海外ではテロ事件や反政府デモなどにも使われている。【小田中大】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. マスク着用や消毒を徹底 水害後の感染症に警戒を

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです