メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マダニに刺され日本紅斑熱を発症、滋賀の50代男性死亡

マダニ=国立感染症研究所ホームページより

[PR]

 滋賀県は9日、マダニに刺されることで感染する「日本紅斑熱(にほんこうはんねつ)」を発症した近江八幡市の50代男性会社員が死亡したと発表した。1999年の調査開始以降、県内の日本紅斑熱患者の発生や死亡は初めて。

 日本紅斑熱は、細菌を保有するマダニに刺されることで感染し、2~8日後に発熱や手足の発疹、だるさなどの症状が出る。

 県薬務感染症対策課によると、男性は先月6日以降、発熱や手足の発疹が出て13日に入院。14日に多臓器不全で死亡した。マダニに刺された時期や場所は不明。同居する80代の母親も同8日に同様の症状が出て13日に入院したが、回復したという。

 県は、草むらなどに入る場合、長袖・長ズボンを着用し、刺されたら自分で取り除かず、医療機関を受診するよう呼び掛けている。【成松秋穂】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「職員室が怖かった分、子供といる時間幸せで…」いじめ被害教諭メッセージ全文

  3. 神戸教諭いじめ 加害者の男性教員が児童骨折させる 他にも問題行為か

  4. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  5. 「いけないことを教える立場が」「人間として恥ずべき」神戸教諭いじめ 謝罪コメント要旨

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです