メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マダニに刺され日本紅斑熱を発症、滋賀の50代男性死亡

マダニ=国立感染症研究所ホームページより

[PR]

 滋賀県は9日、マダニに刺されることで感染する「日本紅斑熱(にほんこうはんねつ)」を発症した近江八幡市の50代男性会社員が死亡したと発表した。1999年の調査開始以降、県内の日本紅斑熱患者の発生や死亡は初めて。

 日本紅斑熱は、細菌を保有するマダニに刺されることで感染し、2~8日後に発熱や手足の発疹、だるさなどの症状が出る。

 県薬務感染症対策課によると、男性は先月6日以降、発熱や手足の発疹が出て13日に入院。14日に多臓器不全で死亡した。マダニに刺された時期や場所は不明。同居する80代の母親も同8日に同様の症状が出て13日に入院したが、回復したという。

 県は、草むらなどに入る場合、長袖・長ズボンを着用し、刺されたら自分で取り除かず、医療機関を受診するよう呼び掛けている。【成松秋穂】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. マスク着用や消毒を徹底 水害後の感染症に警戒を

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです