マダニに刺され日本紅斑熱を発症、滋賀の50代男性死亡

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
マダニ=国立感染症研究所ホームページより
マダニ=国立感染症研究所ホームページより

 滋賀県は9日、マダニに刺されることで感染する「日本紅斑熱(にほんこうはんねつ)」を発症した近江八幡市の50代男性会社員が死亡したと発表した。1999年の調査開始以降、県内の日本紅斑熱患者の発生や死亡は初めて。

 日本紅斑熱は、細菌を保有するマダニに刺されることで感染し、2~8日後に発熱や手足の発疹、…

この記事は有料記事です。

残り194文字(全文344文字)

あわせて読みたい

注目の特集