メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

飲食店ポータルサイト、独禁法上問題ないか調査 「食べログ」「ぐるなび」など 公取委

食べログのトップページ=同HPより

[PR]

 公正取引委員会は9日、飲食店の人気ランキングサイト「食べログ」などの飲食店向けポータルサイトについて、独占禁止法上で問題がないか実態調査を始めたことを明らかにした。山田昭典事務総長が記者会見で述べた。

 公取委取引調査室によると、調査は「ぐるなび」「ホットペッパーグルメ」を含め、先月から開始。飲食店も調べ、契約の一方的改定、競合サイトとの契約制限など、独禁法上問題となる取引がないか調査する。

 飲食店向けポータルサイトは、店舗の基本情報や口コミなどを含むページを複数集めたウェブサイトと定義。飲食店の広告、利用者の情報収集や予約ツールとして活用されている。

 山田事務総長は「サイトと飲食店の取引関係が発展しており、問題があるか実態を把握したい」と述べた。これらのサイトを巡っては、食べログで「やらせ業者」によるランキング操作などのトラブルが起きていた。【渡辺暢】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. ラグビーW杯観戦後、酔って警備員の顔殴った容疑 電通新聞局長を逮捕 容疑を否認

  5. 即位の儀の恩赦60万人規模に 対象限定「復権」のみ実施

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです