メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風19号 15号の勢力に匹敵 12~13日に西日本から東日本へ上陸の恐れ

気象庁が入るビル=高添博之撮影

[PR]

 大型で猛烈な台風19号は9日、小笠原近海を北西に進んだ。3連休中の12~13日に西日本から東日本にかけて接近、上陸する恐れがある。千葉県で先月、大規模停電をもたらした台風15号や関西で大きな被害を出した昨年9月の台風21号に匹敵する暴風が予想される。気象庁は「台風15号よりも大型であり、気象情報に留意し、早めの対策を」と呼び掛けている。

 台風19号は非常に強い勢力を保ったまま12日ごろに紀伊半島に上陸し、速度を上げながら東海や関東、東北地方を通って13日に北日本沖に進むとみられる。地域によっては大雨、大しけの恐れもある。

 首都圏の鉄道各社は列車の運転を事前に取りやめる「計画運休」について検討を始めており、台風が最接近する前日までに公表する方針。

 台風15号の際、運転見合わせが長引いたJR東日本は、深沢祐二社長が8日の記者会見で計画運休について「前回の反省を踏まえ、運転再開時の対応、情報周知について準備を進めている」と述べた。【井川諒太郎、平井桂月】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 編集部のよびかけ れいわが主張「消費税廃止」の賛否は

  2. 台風上陸翌日、自転車飲酒運転で警察から聴取→報告せず豪州出張 埼玉県の部長更迭

  3. 天皇陛下、宮中三殿に拝礼 即位の礼を行うことを祖先に報告

  4. 仕込み直前、濁流が酒米襲う 台風19号で被災の酒蔵、復旧進める 栃木

  5. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです