メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル化学賞に吉野彰・旭化成名誉フェローら3人 リチウムイオン電池開発

ノーベル化学賞受賞が決定し、喜びを語る旭化成の吉野彰名誉フェロー=東京都千代田区の旭化成東京本社で2019年10月9日午後6時50分、佐々木順一撮影

 スウェーデン王立科学アカデミーは9日、2019年のノーベル化学賞を名城大(名古屋市)教授で旭化成名誉フェローの吉野彰氏(71)ら3人に授与すると発表した。受賞理由は「リチウムイオン電池の開発」。

吉野彰(よしの・あきら)氏

 1948年、大阪府吹田市生まれ。同市立千里第二小、同市立第一中、同府立北野高卒。70年京都大工学部卒。72年京大大学院修士課程修了後、旭化成入社。同社川崎技術研究所第一研究室に所属していた85年、リチウムイオン電池の開発に成功。2003年同社グルー…

この記事は有料記事です。

残り355文字(全文591文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会の『さ』の字もカジノ汚職の『か』の字もない」首相演説に沸き立つ疑問

  2. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  3. 日大ラグビー部、無期限活動停止 部員が大麻所持容疑で逮捕

  4. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  5. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです