メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

吉野さんノーベル化学賞 1人で黙々10年でリチウムイオン電池製品化

インタビューに答える吉野彰・旭化成名誉フェロー=東京都千代田区で2014年8月29日、長谷川直亮撮影

 今年のノーベル化学賞に決まった旭化成名誉フェローの吉野彰さん(71)は、約10年かけてリチウムイオン電池の基礎研究から製品化までを実現した。製品化後も世界的に売れるまでさらに5年かかったが、一つ一つ困難を乗り越えて、世界を変える仕事を成し遂げた。

 吉野さんが理科を好きになったのは小学4年の時。大学で化学を専攻した担任教師から、英科学者マイケル・ファラデー著「ロウソクの科学」を薦められたことがきっかけだ。炎を題材に科学現象をわかりやすく解説しており、図書館で何度も読んだ。

 「ものづくりがしたい」と京都大工学部石油化学科へ進学した。所属した研究室は、後にノーベル化学賞を受賞した福井謙一さん(故人)の流れをくみ、吉野さんは福井さんの「孫弟子」にあたる。福井さんが提唱した電子理論は「リチウムイオン電池の開発につながっている」という。その後、「企業の第一線でものづくりをしたい」と1972年に旭化成に入社し、基礎研究の部門に配属された。

この記事は有料記事です。

残り776文字(全文1195文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「コロナで仕事なくて…」 詐欺容疑で「受け子」の19歳を逮捕 埼玉県警

  2. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  3. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

  4. 「人としてあるまじきこと」 不倫報道の埼玉県議が議員辞職

  5. 顧客の預金着服した疑い 東邦銀行元行員を逮捕 総額2800万円か 栃木県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです