「激辛カレー」神戸市立小教諭いじめ、校長が謝罪 加害4教員は教職員全体を指導する立場

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者会見で質問に答える東須磨小の仁王美貴校長=神戸市中央区の神戸市役所で2019年10月9日午後5時40分、峰本浩二撮影
記者会見で質問に答える東須磨小の仁王美貴校長=神戸市中央区の神戸市役所で2019年10月9日午後5時40分、峰本浩二撮影

 神戸市須磨区の市立東須磨小学校で20代の男性教諭が先輩教員4人から暴行などのいじめを受けていた問題で、同校の仁王(におう)美貴校長が9日、問題発覚後初めて記者会見し、7月に問題を把握しつつも市教委に報告しなかったことを認めたが、「隠蔽(いんぺい)の意図は一切なかった」と釈明した。一方、市教委によると、加害側の4教員は校内で教職員全体を指導する立場にあったといい、他の同僚が注意しづらい環境にあったとみられる。

 仁王校長は、昨年4月に同校に教頭として赴任し今春、校長に就任。7月までいじめの存在も知らず「ハラスメント行為に対する認識が甘かった」と対応の不備を認め、「児童、保護者に迷惑をかけた」と謝罪した。

この記事は有料記事です。

残り499文字(全文803文字)

あわせて読みたい

注目の特集