両手広げた「女性シャーマンの絵」出土土器片に 弥生時代・奈良の遺跡

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
女性のシャーマンとみられる人物が描かれた土器片=奈良県田原本町で2019年10月9日午前11時18分、藤原弘撮影
女性のシャーマンとみられる人物が描かれた土器片=奈良県田原本町で2019年10月9日午前11時18分、藤原弘撮影

 奈良県田原本町教育委員会は9日、同町唐古の弥生時代の遺跡、清水風(しみずかぜ)遺跡の発掘調査で、両手を広げた女性シャーマンとみられる人物を描いた土器片1点が見つかったと発表した。胸の部分に丸い形で乳房が表現されている。町教委によると、手を広げた格好のシャーマンの絵画土器の発見は過去に全国で19例あるが、女性とはっきり分かるものは初めてという。

 土器片は甕(かめ)の破片で縦12センチ、幅16.3センチ。弥生時代中期(紀元前1世紀)の頃のものとされる。絵は、目や鼻、口が分かり、5本の指があることからも人物と確認できる。広げた腕の下にひれ状の飾りを付けた「鳥装」をし、胸に乳房を表現したとみられる丸い形が刻まれている。

この記事は有料記事です。

残り246文字(全文556文字)

あわせて読みたい

注目の特集