メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「研究者は頭は柔らかく、最後まで諦めない」ノーベル化学賞 吉野さん 会見詳報(2)

ノーベル化学賞の受賞が決まり、笑顔を見せる旭化成の吉野彰名誉フェロー=東京都千代田区の旭化成東京本社で2019年10月9日午後6時51分、佐々木順一撮影

 ノーベル化学賞を受賞した名城大(名古屋市)教授で旭化成名誉フェローの吉野彰氏(71)が9日、東京都内で記者会見を開き、受賞の喜びなどを語った。吉野氏の一問一答は次の通り。

家族「腰を抜かすほど驚いていた」

 ――おめでとうございます。受賞を誰かに報告しましたか。

 ◆先ほど家族といいますか、家内に電話しました。あまり時間が取れなかったんですが、とにかく決まったぞということだけ伝えました。腰を抜かすほど驚いていました。

 ――受賞ですばらしい研究者だと証明された。改めてご自身はどんな研究者だと振り返りますか。

この記事は有料記事です。

残り1586文字(全文1839文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. 「松本走り」「茨城ダッシュ」「伊予の早曲がり」…地域特有の危険運転に苦慮

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 桃山時代最高峰の仏師・宗印の仏像、大阪で見つかる

  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです