メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「研究者は頭は柔らかく、最後まで諦めない」ノーベル化学賞 吉野さん 会見詳報(2)

ノーベル化学賞の受賞が決まり、笑顔を見せる旭化成の吉野彰名誉フェロー=東京都千代田区の旭化成東京本社で2019年10月9日午後6時51分、佐々木順一撮影

 ノーベル化学賞を受賞した名城大(名古屋市)教授で旭化成名誉フェローの吉野彰氏(71)が9日、東京都内で記者会見を開き、受賞の喜びなどを語った。吉野氏の一問一答は次の通り。

 ――おめでとうございます。受賞を誰かに報告しましたか。

 ◆先ほど家族といいますか、家内に電話しました。あまり時間が取れなかったんですが、とにかく決まったぞということだけ伝えました。腰を抜かすほど驚いていました。

 ――受賞ですばらしい研究者だと証明された。改めてご自身はどんな研究者だと振り返りますか。

この記事は有料記事です。

残り1602文字(全文1839文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  2. 不倫「リンチ」過熱する社会、「完璧な人なんていないのに」金子元議員が問う「許すチカラ」

  3. iPSで国内初のがん治療、千葉大などが治験実施、移植成功

  4. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

  5. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです