特集

ノーベル賞

「世界で最も権威のある賞」といわれるノーベル賞。今年はどんな研究・活動に贈られるでしょうか。

特集一覧

「先輩が世界に貢献、大きな仕事に誇り」出身校祝福 ノーベル賞吉野氏

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ノーベル化学賞の受賞が決まり、社員が迎える中、笑顔で記者会見場に姿を見せる吉野彰旭化成名誉フェロー=東京都千代田区の旭化成東京本社で2019年10月9日午後7時21分、手塚耕一郎撮影
ノーベル化学賞の受賞が決まり、社員が迎える中、笑顔で記者会見場に姿を見せる吉野彰旭化成名誉フェロー=東京都千代田区の旭化成東京本社で2019年10月9日午後7時21分、手塚耕一郎撮影

 ノーベル化学賞に決まった旭化成名誉フェローの吉野彰さん(71)は大阪府吹田市で生まれ育ち、京都大工学部、同大学院工学研究科に進んだ。地元から、受賞を喜ぶ声が相次いだ。

 吉野さんの母校・大阪府立北野高校(大阪市淀川区)の萩原英治校長は「生徒や卒業生にとって、こんなにうれしいことはない。私は生徒たちに『社会に貢献できる人物に育ってほしい』と語っているので、彼らが進む道を示してくれた」とのコメントを出した。

 吉野さんは京大で、日本人初のノーベル化学賞を受賞した福井謙一氏の弟子にあたる米沢貞次郎氏の研究室に所属。同じ研究室だった北川進・京大特別教授(68)は「先輩が世界の人々のエネルギー課題に貢献する、大きな仕事をされたことを誇りに思います」とコメントした。

この記事は有料記事です。

残り767文字(全文1097文字)

【ノーベル賞】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集