メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

独自の人事制度影響か 神戸教諭いじめ 児童認識、同僚は黙認

いじめ問題で頭を下げる神戸市立東須磨小の仁王美貴校長(右)ら=神戸市中央区の同市役所で2019年10月9日午後5時1分、峰本浩二撮影

 神戸市立東須磨小で発覚した教員間のいじめは、児童の間にも知れ渡っていた。市教委は、いじめが昨年ごろに始まったと説明するが、毎日新聞の取材では、それ以前にも「先生が蹴られるのを見た」と証言する児童もいる。

 同校の高学年児童の一人は約2年前、加害側の女性教員が被害教諭を学校の廊下で蹴るのを目撃した。この教員は、児童らの前で被害教諭について「私のワンコ(犬)みたいな存在や」と言い放った。受けた具体的な仕打ちを被害教諭から聞かされたこともあったといい、「…

この記事は有料記事です。

残り340文字(全文566文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 詐欺罪問われた男性に無罪 「調べが適切か検証の必要」 大津地裁判決

  4. クックパッドニュース SNSで大人気!調理にも保存にも大活躍の「アイラップ」を使ったレシピ

  5. ことば AYA世代

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです