特集

ノーベル賞

「世界で最も権威のある賞」といわれるノーベル賞。今年はどんな研究・活動に贈られるでしょうか。

特集一覧

「気さくで、ダンディー」訪問教授務める九大賞賛 ノーベル賞・吉野氏

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ノーベル化学賞の受賞が決まり、花束を手に笑顔を見せる吉野彰旭化成名誉フェロー=東京都千代田区の旭化成東京本社で2019年10月9日午後7時23分、手塚耕一郎撮影
ノーベル化学賞の受賞が決まり、花束を手に笑顔を見せる吉野彰旭化成名誉フェロー=東京都千代田区の旭化成東京本社で2019年10月9日午後7時23分、手塚耕一郎撮影

 吉野彰さん(71)は2015年から九州大(福岡市)の研究施設で客員教授、18年からは訪問教授を務めている。リチウムイオン電池の研究で吉野さんと共同で論文を執筆するなど親交のある同大先導物質化学研究所の岡田重人教授は「ノーベル賞を受賞すると期待していた。同じ研究者として非常に喜んでいる」と興奮気味に…

この記事は有料記事です。

残り143文字(全文293文字)

【ノーベル賞】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集