「表現の不自由展」再開2日目は入場枠3.5倍に 第三者検討委は河村・名古屋市長をヒアリング

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
再開2日目の「表現の不自由展・その後」に入場するため手荷物を預ける人たち=名古屋市東区の愛知芸術文化センターで2019年10月9日午前10時10分、永田晶子撮影
再開2日目の「表現の不自由展・その後」に入場するため手荷物を預ける人たち=名古屋市東区の愛知芸術文化センターで2019年10月9日午前10時10分、永田晶子撮影

 全面再開した国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」は9日、企画展「表現の不自由展・その後」をツアー形式で鑑賞できる定員を1日6回各35人とした。2回のツアーで定員が計60人だった再開初日の8日に比べ、入場枠が3・5倍に拡大。1500人の応募者に対する倍率は7倍となり、前日の23倍から緩和した。

 芸術祭実行委員会(会長・大村秀章愛知県知事)の事務局によると、再開に当たり1日5~6回のツアー形式での鑑賞を計画していたが、8日は来場希望者への告知が直前で、リストバンド型抽選券の運用や持ち物検査など対策の確認のため定員を絞っていた。

 9日は、当選後にキャンセルするなどした人を除く199人が参加。慰安婦を象徴する「平和の少女像」など23作品の写真撮影が許可されたが、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)への投稿禁止を約束する同意書に署名して参加することになった。

この記事は有料記事です。

残り319文字(全文708文字)

あわせて読みたい

注目の特集