特集

ノーベル賞

ノーベル賞に関する特集ページです。

特集一覧

「環境問題にソリューション提供」ノーベル賞吉野氏 会見詳報(4)

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
リチウムイオン電池の模型と花束を手に笑顔を見せる吉野彰・旭化成名誉フェロー=東京都千代田区の旭化成東京本社で2019年10月9日午後8時21分、手塚耕一郎撮影
リチウムイオン電池の模型と花束を手に笑顔を見せる吉野彰・旭化成名誉フェロー=東京都千代田区の旭化成東京本社で2019年10月9日午後8時21分、手塚耕一郎撮影

 ノーベル化学賞を受賞した名城大(名古屋市)教授で旭化成名誉フェローの吉野彰氏(71)が9日、東京都内で記者会見を開き、受賞の喜びなどを語った。吉野氏の一問一答の続きは次の通り。

「二つ目のダーウィンの海、多分乗り越えうる」

 ――現在の受賞は、あえてダーウィンの海だとかそういう表現をすると、どういうステージになるんでしょうか。

 ◆まあ正直、ちょっと私自身非常に幸せだと思っておりますのは、リチウムイオン電池は、先ほど申し上げましたIT革命という、とんでもない大きな変革とともに生まれて、生まれ育ってきたんですよね。ですから、先ほど言いましたダーウィンの海も乗り越えることも経験してきました。で、ちょうど先ほど環境問題のご質問もあったかと思うのですが、2回目の経験なんですよね。リチウムイオン電池をとりましてね、これは一つは電気…

この記事は有料記事です。

残り1812文字(全文2175文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集