特集

ノーベル賞

ノーベル賞に関する特集ページです。

特集一覧

今後の研究は「謎だらけでワクワク」 ノーベル賞吉野氏 会見詳報(5)

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ノーベル化学賞の受賞が決まり、笑顔を見せる旭化成の吉野彰名誉フェロー=東京都千代田区の旭化成東京本社で2019年10月9日午後6時51分、佐々木順一撮影
ノーベル化学賞の受賞が決まり、笑顔を見せる旭化成の吉野彰名誉フェロー=東京都千代田区の旭化成東京本社で2019年10月9日午後6時51分、佐々木順一撮影

 ノーベル化学賞を受賞した名城大(名古屋市)教授で旭化成名誉フェローの吉野彰氏(71)が9日、東京都内で記者会見を開き、受賞の喜びなどを語った。吉野氏の一問一答の続きは次の通り。

座右の銘は「実るほどこうべを垂れる稲穂かな」

――今回の受賞で科学好きの子どもたちにも夢を与えたと思う。子どもへのメッセージを。

 ◆私自身もそうなんですが、子どものころに、誰かにきっかけを与えられて自分の将来の道を決めていくような時期は来ると思うんです。

この記事は有料記事です。

残り2147文字(全文2362文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集