メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

令和・即位の礼

即位の礼 男性皇族による海外王室の出迎えと見送りがなくなる

前回の「即位礼正殿の儀」に参列した海外の国王など各国の元首ら=皇居・宮殿で1990年11月12日、山田茂雄撮影

 天皇陛下が国内外に即位を宣言される儀式「即位礼正殿の儀」(22日)に参列するため来日する海外の王室に対し、前回は行った空港などでの男性皇族による出迎えと見送りが実施されないことになった。宮内庁への取材で判明した。対応できる皇族が秋篠宮さま1人になったことが背景にある。皇族が減っている現状が映し出された格好だが、同庁幹部は「もてなしの気持ちに変わりはない」としている。

 前回の儀式は160の国と国際機関のトップらが参列した。このうち26カ国の国王らについて、皇室の慣習に基づき、男性皇族が単独や夫妻で空港やホテルで出迎えた。帰国時には27カ国の国王らを見送り、感謝の気持ちを伝えた。

この記事は有料記事です。

残り541文字(全文833文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 早朝だけのゴミ収集 夜間にすると暮らしやすくなる

  4. 釧路、根室で震度4 震源は十勝沖、津波の心配なし

  5. ORICON NEWS “リモート笑点”が話題 番組Pが語る「大いなるマンネリ」の大切さと新たな可能性

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです