メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「持続可能な社会へ積極的に発信」ノーベル賞・吉野氏 毎日新聞と会見

ノーベル化学賞の受賞が決まり、笑顔を見せる旭化成名誉フェローの吉野彰氏=東京都千代田区の旭化成東京本社で2019年10月9日午後7時21分、佐々木順一撮影

 今年のノーベル化学賞に決まった吉野彰・旭化成名誉フェローは、受賞が発表された9日夜、毎日新聞の単独インタビューに応じた。受賞では、蓄電池の開発・普及が気候変動など地球環境問題の解決につながると高く評価されたことを受け、吉野さんは「脱炭素社会の実現に向けて、これからは積極的に発信していきたい」と話した。【永山悦子、千葉紀和】

この記事は有料記事です。

残り2081文字(全文2244文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「職員室が怖かった分、子供といる時間幸せで…」いじめ被害教諭メッセージ全文

  3. 神戸教諭いじめ 加害者の男性教員が児童骨折させる 他にも問題行為か

  4. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  5. 「いけないことを教える立場が」「人間として恥ずべき」神戸教諭いじめ 謝罪コメント要旨

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです