メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・ファイル

アフリカ開発会議 課題解決に取り組む実践者らが発言

ハンガー・フリー・ワールドの青少年組織の支部代表として来日したブルキナファソのセグエダさん(中央)とベナンのビセットンさん(右)。進行役は米良彰子さん(左)が務めた=横浜市で8月27日

サイドイベントで貧困、児童労働などの現場から

 「第7回アフリカ開発会議」(TICAD7)が8月下旬、横浜市のパシフィコ横浜で開かれた。会議と同時進行で展開されたサイドイベントでは、貧困や食糧難、児童労働など、それぞれの国が抱える問題を解決しようと現場で行動する人々が発言した。

「私たちの国では、憲法の改正について話し合われています。関連の条文のなかに『食料への権利』が明記されることを願って活動しています」

 西アフリカの子どもや若者の権利実現をテーマにしたセッション。NPO法人「ハンガー・フリー・ワールド…

この記事は有料記事です。

残り1729文字(全文1982文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

  2. 白いマダコを展示 水族館スタッフ「擬態できず、苦労したと思う」 下関・海響館

  3. 「ふたご座流星群」見えるかな 14~15日が見ごろ、太平洋側は好天

  4. 「妻子3人の死亡は出勤前」法医学者証言 元巡査部長は「出勤時寝ていた」 福岡地裁公判

  5. 新千歳発の全日空機、引き返す 客室に「白い粉」拡散

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです