メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・ファイル

安全保障 日米韓トライアングルに最大の危機

握手する安倍晋三首相(左)トランプ大統領=大阪市住之江区で6月29日、代表撮影

文政権GSOMIA破棄 日本の怒りと米の失望

 北朝鮮の脅威に対抗するため、日本、米国、韓国が連携して対応する枠組みが発足して今年で20年になる。「日米韓政策調整グループ」(TCOG)と呼ばれる外交当局の局長級会合は、1998年に日本列島の上空を通過した北朝鮮の中距離弾道ミサイル発射を受け、米国が北朝鮮政策を練り直す中で翌99年に生まれた。米国を中心とする日米同盟と米韓同盟を組み合わせた陣営をつくることで北朝鮮を抑止してきた効果は多大だ。その強固なトライアングルが今、最大の危機を迎えている。

 「これでやってみましょう」。8月21日、北京郊外の観光地・古北水鎮で行われた河野太郎外相(当時)と…

この記事は有料記事です。

残り2264文字(全文2561文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  2. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  3. 教諭が女子中学生にわいせつ 陸上部の合宿中、発覚後に行方不明 兵庫

  4. 堺市立小教諭、教え子の中1少女にキス 口止めも 強制わいせつ容疑で逮捕

  5. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです