メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・特集

地域起業 活躍する地域おこし協力隊の卒業生

「ごじょうめ朝市plus+」の風景

 都市部から過疎地などに生活の拠点を移し地域協力活動をしながら定住・定着を目指す総務省の「地域おこし協力隊」制度が2009年度にスタートして丸10年。発足当初は31自治体、89人だった隊員数は18年度1061自治体、5530人に増えた。同省が17年度に卒業生を対象に行った調査では、63%が活動した地域に定住していることが分かった。そのうち29%が起業している。しかし、報償費などが支給される最長3年間の活動期間が終了した後に、いかに地域で生活を維持していくかは大きな課題だ。協力隊員を経験して起業したり、その応援をしている卒業生から活動報告と後進への応援メッセージをいただいた。

この記事は有料記事です。

残り5573文字(全文5863文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. 「松本走り」「茨城ダッシュ」「伊予の早曲がり」…地域特有の危険運転に苦慮

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 桃山時代最高峰の仏師・宗印の仏像、大阪で見つかる

  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです