メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

データで見る将棋

タイトルの奪取が相次ぐのはなぜか 30年前との“奇妙な”共通点

2018~19年のタイトルの動き

 将棋の第67期王座戦五番勝負(日本経済新聞社主催)は、10月1日の第3局で永瀬拓矢叡王(27)が斎藤慎太郎王座(26)から3勝目を挙げ、タイトルを奪って2冠になった。これでタイトル戦では、昨年7月に豊島将之名人(29)が初タイトルの棋聖を獲得して以降の11タイトル戦のうち、渡辺明王将(35)が棋王を防衛した以外の10タイトル戦は全て挑戦者がタイトルを奪取するという結果になった。これだけ奪取が続いたことは過去にあるのか。調べてみると、約30年前に11タイトル戦で連続奪取という例があり、今回のケースとの奇妙な共通点がいくつも浮かび上がった。それは「群雄割拠」「新タイトル戦」、そして「おじさん」だ。  

この記事は有料記事です。

残り1065文字(全文1368文字)

丸山進

これまで東京学芸部や東京経済部などで取材。現在は学芸部で囲碁、将棋を担当する。以前は放送分野を取材したことも。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. 「松本走り」「茨城ダッシュ」「伊予の早曲がり」…地域特有の危険運転に苦慮

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 桃山時代最高峰の仏師・宗印の仏像、大阪で見つかる

  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです