特集

カルチャープラス

カルチャー各分野をどっぷり取材している学芸部の担当記者が、とっておきの話を報告します。インタビューの詳報、記者会見の裏話、作品やイベントの論評など、さまざまな手法で、カルチャー分野の話題の現象を記者の視点でお伝えします。

特集一覧

データで見る将棋

タイトルの奪取が相次ぐのはなぜか 30年前との“奇妙な”共通点

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
2018~19年のタイトルの動き
2018~19年のタイトルの動き

 将棋の第67期王座戦五番勝負(日本経済新聞社主催)は、10月1日の第3局で永瀬拓矢叡王(27)が斎藤慎太郎王座(26)から3勝目を挙げ、タイトルを奪って2冠になった。これでタイトル戦では、昨年7月に豊島将之名人(29)が初タイトルの棋聖を獲得して以降の11タイトル戦のうち、渡辺明王将(35)が棋王を防衛した以外の10タイトル戦は全て挑戦者がタイトルを奪取するという結果になった。これだけ奪取が続いたことは過去にあるのか。調べてみると、約30年前に11タイトル戦で連続奪取という例があり、今回のケースとの奇妙な共通点がいくつも浮かび上がった。それは「群雄割拠」「新タイトル戦」、そして「おじさん」だ。  

この記事は有料記事です。

残り1065文字(全文1368文字)

あわせて読みたい

注目の特集