メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

セバージョスがレアル時代の苦悩を明かす…「移籍して正解だった」

情報提供:サッカーキング

レアル時代の苦悩を振り返ったセバージョス [写真]=Getty Images
 今夏レアル・マドリードからアーセナルに移籍したスペイン代表MFダニ・セバージョスが、移籍を決めた際の自身の心境について語った。8日、スペイン紙『マルカ』が報じている。

 現在23歳のセバージョスは、2017年にベティスからレアル・マドリードにステップアップを果たすも、分厚い選手層に阻まれ、確固たる地位を確立することはできなかった。だが、出場機会を求め1年のローン移籍でやってきたアーセナルでは、プレーすることの喜びを取り戻しているようだ。

「僕がクラブを去りたいという意思ははっきりしていた」

「移籍して正解だったし、今は自分がいたいと思う場所で、とても幸せを感じているよ」

「自分の考えは、クラブを去り、フットボールをプレーし、楽しむことだった。過去2年間はそれができていなかったからね」

 また、自身が出場する権利を持つ来夏の東京オリンピックに関しては、「東京にいることは僕の夢だよ」と、出場する意思があることを明かしている。

【関連記事】
「アーセナルが大好き」…新加入のセバージョス、新天地のファンに感謝
D・ルイスが初ゴール! アーセナル、1点を死守して5戦連続負け無し
スペイン代表、EURO予選に向けて24名招集…モラタとJ・アルバが選外
移籍の希望は叶わずも、クラブへの献身を強調するザハ「最初は上の空だったが…」
イングランド代表、22歳GKヘンダーソンが初招集…GKヒートンの負傷離脱で

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  3. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  4. 「桜を見る会」名簿 廃棄は国会の追及直前だった 内閣府は「例年と同じ」

  5. 山手線あす部分運休 新駅関連工事 大崎、上野で折り返し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです