メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

「楽しくて仕方ない」と語る堂安がPSVで学んだメンタリティを日本代表に還元

情報提供:サッカーキング

PSVでの経験を「楽しくて仕方ないですね」と語った堂安律
 FIFAワールドカップカタール2022アジア2次予選のモンゴル代表戦を前に8日、日本代表がさいたま市内での合宿2日目を迎えた。1日遅れてこの日チームに合流した9人が、トレーニングの冒頭でジョギングを行う中、3列目の中央で時折笑顔を見せる堂安律の姿があった。

 8月下旬にオランダの強豪・PSVへの電撃移籍を果たしたばかり。「練習からレベルが高いし、年下の選手が多いので『こいつらになめられてたまるか!』という一心で練習しているし、試合をしている。チーム内での競争がたくさんあるので、楽しくて仕方ないですね、今は」。新しいクラブに加入して1カ月ちょっとだが、充実した日々を送っていることはその口調からも明らかだった。

 PSVと言えば、エールディヴィジでは勝つことを常に求められるビッグクラブだ。「プレー的なことで言えば、個の能力が高い選手が多いので1対1なら仕掛ける選手が多いですし、選択肢があれば縦パスを選ぶ選手が多いので、年下の選手が多いけど学ばせてもらっている」と手応えを感じながらも、「メンタル的にはどんな格下相手にでも勝たないといけない試合がオランダリーグでは多いので、そこでしっかりと勝点3を取る難しさを感じている」と難しさも口にした。

 ただ、そこはオランダの伝統あるクラブ。「PSVで試合をして年下の選手がすげーなと感じたのは、ハーフタイムに全く焦る声がない。監督を含めて、経験豊富な選手が多いので焦っていないし、チームに余裕がある」。そのメンタリティは、アジアの中での日本代表にも当てはまる。

「理想は前半から大量得点できればいいけど、理想どおりにいかないことがW杯予選だと思うので、そういうメンタルを片隅に置きながらやりたい」。堂安はPSVで学んだ経験をしっかりと代表に還元するつもりだ。

【関連記事】
約1年ぶりの代表復帰に「新鮮」と浅野…「久しぶり過ぎて変な緊張をしてしまう」
意外にも「ラグビーが好き」な久保…自身のアシストとゴールには「全然期待してもらって大丈夫です!」
10番は中島、15番は浅野に! モンゴル代表とのW杯予選に挑む日本代表が背番号を発表
W杯予選モンゴル代表戦に向けた日本代表合宿がスタート! 初日は中島、酒井ら13選手が軽めのトレーニングで汗を流す
子どもたちとふれあった日本代表の中島…「子どもの頃にプロ選手とサッカーをするのがすごく楽しかった」

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  2. 青森・八戸で女児が見知らぬ男に首切られる 防犯カメラに男の姿

  3. ORICON NEWS アニメ『映画 すみっコぐらし』邦画1位の異色ヒット 不意打ちで大人が「号泣」

  4. 10年前の強姦容疑で男逮捕 海外渡航で時効2カ月延び 神奈川県警

  5. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです