メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

3カ国の代表選択権限があるなかで…イングランド代表を選んだトモリ「今季のはじめには…」

情報提供:サッカーキング

トモリは今季、チェルシーで目覚ましい活躍を見せている [写真]=Getty Images
 イングランド代表に初招集されたチェルシーのDFフィカヨ・トモリが、“スリーライオンズ(イングランド代表の愛称)”での活躍を誓った。8日に、イギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

 イングランド代表は、EURO2020予選で11日にチェコと、14日にブルガリアと対戦する。カナダ・カルガリー出身のトモリは、幼少期以降をイングランドで過ごした。また、両親がナイジェリア出身ということもあり、カナダ、イングランド、ナイジェリア代表のいずれかを選ぶ権利を有していたが、ガレス・サウスゲート監督からのラブコールを受け、イングランド代表を選択した。

 チェルシーでの活躍がイングランド代表入りにつながったトモリは、以下のように喜びを露わにしている。

「今季のはじめには、イングランド代表に選ばれるなんて思ってもいなかったよ。招集を受けたと知った時は、まるで全てを勝ち取ったかのような気持ちになった。僕がイングランド代表にコミットしようとする決意に、疑いの余地はないさ。まずは“スリーライオンズ”の一員として試合に出場し、その後も居場所を作り続けたいね」

 今回、イングランド代表にはタミー・アブラハムやメイソン・マウント、ロス・バークリーら、チェルシーの同僚も選出されている。勝手知ったるチームメイトと共に、トモリはイングランド代表で結果を残すことができるだろうか。

【関連記事】
●イングランド代表、22歳GKヘンダーソンが初招集…GKヒートンの負傷離脱で
●「楽しくて仕方ない」と語る堂安がPSVで学んだメンタリティを日本代表に還元
●メッシがネイマールの移籍騒動を振り返る「バルサに来ないのであれば…」
●セバージョスがレアル時代の苦悩を明かす…「移籍して正解だった」
●新名所誕生!イブラの銅像がお披露目「NYには自由の女神、スウェーデンにはズラタン」

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  3. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  4. 石破氏「幕引きにならない」 桜を見る会巡り、首相に記者会見求める

  5. 大阪桐蔭が優勝 8大会連続14回目 高校ラグビー大阪大会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです