メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

またもイブラ節が炸裂! セリエA復帰を問われ「今、プレーしている奴らよりもうまくやれる」

情報提供:サッカーキング

セリエAでも活躍できると語る、LAギャラクシーのイブラヒモヴィッチ [写真]=Anadolu Agency via Getty Images
 ロサンゼルス・ギャラクシーに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチは、今セリエAでプレーしたとしても違いを生み出せると考えているようだ。8日に、イタリアメディア『フットボール・イタリア』が報じている。

 イブラヒモヴィッチは、故郷のマルメで行われた自身の銅像記念式典に出席。もし、今セリエAに戻ったとしたらかつてのようなプレーができるかと記者に問われると、自信たっぷりにこう語った。

「ああ、イタリアでも100%違いを生むことができるだろうね。もちろん、他の国でもだ。今、セリエAでプレーしている奴らよりもうまくやれるだろうさ。ロサンゼルス・ギャラクシーとの契約は12月で期限切れになるから、その後何が起こるのかは分からない」

 歯に衣着せぬ発言で世間を賑わすことの多いイブラヒモヴィッチだが、今回も例外に漏れずストレートな内容のコメントだった。

【関連記事】
●新名所誕生!イブラの銅像がお披露目「NYには自由の女神、スウェーデンにはズラタン」
●3カ国の代表選択権限があるなかで…イングランド代表を選んだトモリ「今季のはじめには…」
●メッシがネイマールの移籍騒動を振り返る「バルサに来ないのであれば…」
●アルトゥールが代表でのプレーに見解「バルセロナ側の考えも分かるが…」
●「楽しくて仕方ない」と語る堂安がPSVで学んだメンタリティを日本代表に還元

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  3. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  4. 五輪9億円、書類不明 招致委、海外コンサル費

  5. 新潟駅前ビルで刺された20代女性死亡 逃走の男は顔見知りか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです