メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

元イングランド代表監督がマンUの降格の可能性を憂慮「もがいている状況」

情報提供:サッカーキング

インタビューに応えたアラダイス氏 [写真]=Getty Images
 かつてイングランド代表などで監督を務めたサム・アラダイス氏がインタビューに応えた。イギリスメディア『トークスポルト』が8日に伝えている。

 アラダイス氏は不振を極めるマンチェスター・Uについて言及。「彼らは紙の上では良いチームというレベルに成り下がってしまった。1974年に2部降格した歴史もあるんだよ。だからケガ人や自信の問題が解決されないと、壊滅的な問題が数多く起こる可能性を排除することはできないよ」と2部降格という最悪の事態が起こる可能性を指摘した。

 また同クラブの現状について「マンチェスター・Uには十分な得点力がなく、もがいている状況だ。その部分が上手くいけば下位でシーズンを終えるようなことはないだろうが、今はその方向に進んでしまっている」と分析、今後を憂慮した。

 まだ序盤はいえ18位との勝ち点差「2」の12位と苦しんでいるマンチェスター・U。次節は開幕から8連勝中のリヴァプールとの対戦が待ち受けているが、意地を見せることができるのだろうか。

【関連記事】
●マンU、今夏に続きさらなる守備陣強化へ…ライスとクリバリを注視
●イングランド代表、22歳GKヘンダーソンが初招集…GKヒートンの負傷離脱で
●シュヴァインシュタイガーが現役引退を発表…バイエルンやドイツ代表などで活躍
●ポグバ獲得は不要? スペイン紙、レアルMFバルベルデの今季の活躍に太鼓判
●「僕自身も心を痛めている」…ラッシュフォード、自身のSNSで胸の内を吐露

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

  2. 中国「独身の日」セール アリババが4兆円を突破

  3. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  4. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  5. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです