メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外ヤフーとLINE、経営統合へ
サッカーキング

川崎がホームで先勝…終盤の2ゴールで鹿島を突き放す/ルヴァン杯準決勝第1戦

情報提供:サッカーキング

ルヴァン杯準決勝第1戦で川崎が勝利した [写真]=J.LEAGUE
 2019JリーグYBCルヴァンカップ準決勝第1戦が9日に行われ、川崎フロンターレが鹿島アントラーズをホームに迎えた。

 試合が動いたのは10分、右サイドをドリブルで持ち上がったレアンドロがクロスを供給。これを白崎凌兵がダイビングヘッドでゴールネットを揺らし、アウェイの鹿島が先制に成功した。

 しかし27分、馬渡和彰がクロスをゴール前に送ると、DFがクリアしたこぼれ球を守田英正が左足一閃。川崎が前半のうちに同点に追いついた。

 後半に入ると、ホームの川崎が攻勢を強める。52分にはレアンドロ・ダミアン、64分には下田北斗がフリーキックでゴールを狙うが、ネットを揺らすことができない。

 すると82分、脇坂泰斗がリズム良いパス交換で抜け出し、右足でシュートを沈めて勝ち越しゴールを挙げた。直後の85分にはコーナーキックのこぼれ球を阿部浩之が押し込み、鹿島を突き放した。

 このまま試合は3-1で終了。準決勝第2戦は13日(日)に、鹿島のホームで行われる。

【スコア】
川崎フロンターレ 3-1 鹿島アントラーズ

【得点者】
10分 0-1 白崎凌兵(鹿島アントラーズ)
27分 1-1 守田英正(川崎フロンターレ)
82分 2-1 脇坂泰斗(川崎フロンターレ)
85分 3-1 阿部浩之(川崎フロンターレ)

【関連記事】
●公式会見に臨んだ日本代表の森保監督…「モンゴル代表のほうがよりフィジカル的にタフに厳しく戦ってくる印象」
●「楽しくて仕方ない」と語る堂安がPSVで学んだメンタリティを日本代表に還元
●約1年ぶりの代表復帰に「新鮮」と浅野…「久しぶり過ぎて変な緊張をしてしまう」
●伊メディア、不調のミランに「今すぐ獲れる選手」を紹介…本田圭佑の名も
●鹿島、東福岡高校MF荒木遼太郎の来季加入内定を発表…年代別日本代表でプレー

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  2. 「おごりが出ている。あれだけやったら中止にもなる」首相地元の苦悩

  3. 「桜を見る会」 与党に「推薦依頼」 官邸ホームページ動画に「招待枠」発言も

  4. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

  5. 梅毒 患者、48年ぶり6000人超 出会い系アプリ一因か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです