メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

バルサ、絶好調のテア・シュテーゲンに新オファーか…200試合で84回の無失点

情報提供:サッカーキング

バルセロナはテア・シュテーゲンと契約を延長するようだ [写真]=Getty Images
 バルセロナはドイツ代表GKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンに新契約をオファーする模様だ。9日にスペイン紙『マルカ』が報じている。

 テア・シュテーゲンは2014年にボルシアMGからバルセロナへと加入。移籍後はチリ代表GKクラウディオ・ブラボとのポジション争いなどを経て第1GKの座を獲得し、現在では世界トップクラスのGKへと上り詰めた。

 同選手は2017年に新契約を締結し2022年までの残留が可能となっているがバルセロナはより良い待遇の新オファーを提示する模様だ。また、テア・シュテーゲンは6日に行われたセビージャ戦で通算200試合に出場し、その内84試合で無失点を記録している。

 テア・シュテーゲン自身もバルセロナに残留することを望んでいると複数メディアにより報じられており、新契約の締結は安易に行われるという。同選手の今後の活躍にサッカー界が注目を集めている。

【関連記事】
●メッシがネイマールの移籍騒動を振り返る「バルサに来ないのであれば…」
●バルサ、U19チームのバルデス監督が退任…“上司”との関係悪化が理由か
●バルサ指揮官、デンベレの退場処分に言及…「彼への判定は不可解なものだ」
●主審への暴言で一発退場…バルサFWデンベレが言い放った一言とは?
●スアレスのオーバーヘッド弾&メッシの今季初得点! バルサがセビージャ撃破で2位浮上

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  2. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕 「殺すつもりだった」供述

  3. 青森・八戸で女児が見知らぬ男に首切られる 防犯カメラに男の姿

  4. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  5. 八戸きりつけ 住民「静かな住宅街でなぜ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです