ラガーマン、LGBTとスクラム

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
協定書を締結する日本ラグビーフットボール選手会の川村慎副会長(左)と、プライドハウス東京の松中権代表=東京都渋谷区で2019年9月19日、田原和宏撮影
協定書を締結する日本ラグビーフットボール選手会の川村慎副会長(左)と、プライドハウス東京の松中権代表=東京都渋谷区で2019年9月19日、田原和宏撮影

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会の開催に合わせ、日本ラグビーフットボール選手会(畠山健介会長、約700人)がLGBTなど性的少数者らの支援に乗り出した。ラグビーW杯は国籍を超え、さまざまな国・地域の出身者が一つのチームで戦うことが魅力の一つ。共通のテーマである「多様性」への理解や価値を社会に発信している。【田原和宏】

この記事は有料記事です。

残り896文字(全文1060文字)

あわせて読みたい

ニュース特集