メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラガーマン、LGBTとスクラム

協定書を締結する日本ラグビーフットボール選手会の川村慎副会長(左)と、プライドハウス東京の松中権代表=東京都渋谷区で2019年9月19日、田原和宏撮影

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会の開催に合わせ、日本ラグビーフットボール選手会(畠山健介会長、約700人)がLGBTなど性的少数者らの支援に乗り出した。ラグビーW杯は国籍を超え、さまざまな国・地域の出身者が一つのチームで戦うことが魅力の一つ。共通のテーマである「多様性」への理解や価値を社会に発信している。【田原和宏】

この記事は有料記事です。

残り896文字(全文1060文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. 「松本走り」「茨城ダッシュ」「伊予の早曲がり」…地域特有の危険運転に苦慮

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 桃山時代最高峰の仏師・宗印の仏像、大阪で見つかる

  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです