メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

中村京蔵、「娘道成寺」に初挑戦 娘心を踊り抜く

 歌舞伎女形、中村京蔵が、28日午後6時半、東京・国立劇場小劇場で、「第6回舞踊の夕べ 道成寺二題」と題した自主公演を催し、大曲「京鹿子娘道成寺(きょうがのこむすめどうじょうじ)」に初挑戦する。

 国立劇場の歌舞伎俳優研修修了後に四世中村雀右衛門の門下となり、脇の手だれとして活躍している。

 「第4回の『舞踊の夕べ』(2015年)で『豊後道成寺』を踊った時、藤間勘祖先生に、豊後ばかり踊っていないで、本家本元の『娘道成寺』を踊りなさいと言われました」

 その言葉に後押しされて踏み切った。「道成寺」物の舞踊は、尊敬してやまない師の四世雀右衛門が得意とし、好んで踊った。

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文572文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拝啓 ベルリンより 私を「コロナ」と呼んだ青年に言いたかったこと

  2. 群馬・太田市が小学校の休校要請応じず 「登校判断は保護者の選択」

  3. トイレットペーパーに続きティッシュまで買い占め 業界、デマに冷静な対応呼びかけ

  4. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  5. 一斉休校は「科学より政治の悪い例」 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです