メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京・目黒虐待死 父に15日判決 ゆがんだ「明るい家族」 独りよがりの理想、暴走

 東京都目黒区で2018年3月、船戸結愛(ゆあ)ちゃん(当時5歳)が死亡した事件で、保護責任者遺棄致死や傷害罪などに問われた父親の雄大被告(34)に対し、東京地裁(守下実裁判長)の裁判員裁判は15日、判決を言い渡す。雄大被告と、母親の優里被告(27)=1審懲役8年=が法廷で述べた言葉からは、愛すべき娘への激化する「虐待」によって、家族が壊れていく過程が浮き彫りになった。【田中理知、巽賢司】

この記事は有料記事です。

残り2078文字(全文2274文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. GPIF理事長を減給処分 「女性と関係」内部通報、監査委員に報告遅れ

  3. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  4. 茨城・那珂川 氾濫発生情報出さず 巡視員通報・職員確認も生かせず 国交省関東地方整備局

  5. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです