メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金山の炭酸水井戸、再開 安全対策で金網固定、事故防止へ /福島

安全対策を講じて利用を再開した大塩天然炭酸水井戸=福島県金山町提供

 8月に新潟県長岡市の男女2人が転落死し、立ち入りを禁止していた金山町大塩の観光地「大塩天然炭酸水井戸」について、町は安全対策を施した上で利用を再開した。

 事故当時、井戸は格子状に組んだ丸太の上を網で覆っていたが、2人は水をくもうとして約60センチ四方の隙間(すきま)から転落したと思われる。

 このため、町は隙間を小さくした格子状の…

この記事は有料記事です。

残り224文字(全文390文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  2. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  3. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  4. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです