メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「恵那文楽」感情巧みに 神社大祭で奉納 中津川・川上地区 /岐阜

「奥州安達ケ原三段目」を上演する恵那文楽保存会の会員=岐阜県中津川市の恵那神社で

 中津川市中津川の川上(かおれ)地区に300年以上前から伝わる人形浄瑠璃「恵那文楽」(県重要無形民俗文化財)が、地元の恵那神社の大祭で奉納された。太夫の「語り」と三味線の響きに合わせて上演され、参拝者から大きな拍手が送られた。

 酒井源五・氏子総代会長が仕切る新天皇即位「令和元年」の神事が営まれた後、境内の奉納殿で、地元の市立南小学校の児童でつくる恵那文楽ジュニアクラブが、祝いの席で披露する「寿式…

この記事は有料記事です。

残り299文字(全文498文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  2. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  3. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  4. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです