メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル化学賞に吉野さん 「誇らしい大先輩、研究の励み」 吉報に京大生ら喜び /京都

吉野彰氏が在籍していた当時、京都大の石油化学教室本館だった建物=京都市左京区で、川平愛撮影

 今年のノーベル化学賞受賞が決まった名城大(名古屋市)教授で旭化成名誉フェローの吉野彰さん(71)は1970年に京都大工学部石油化学科(当時)を卒業し、72年に京大大学院工学研究科石油化学専攻修士課程を修了した。京大によると、京大関係者のノーベル賞受賞は11人目。京大のキャンパスでは学生らが先輩の栄光を喜んだ。

 吉野さんは受賞決定発表後の記者会見で京大への思いも語った。京大名誉教授で81年に日本で初めてノーベ…

この記事は有料記事です。

残り690文字(全文896文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. 「松本走り」「茨城ダッシュ」「伊予の早曲がり」…地域特有の危険運転に苦慮

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 桃山時代最高峰の仏師・宗印の仏像、大阪で見つかる

  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです