メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

豚コレラ、細心の注意を 丹波篠山市猟友会、イノシシ猟解禁を前に /兵庫

猟友会メンバーに注意を呼びかける圓増祐治副会長(中央)=丹波篠山市郡家の郡家公民館で、丸井康充撮影

 丹波篠山市で名物「ぼたん鍋」の季節が始まろうとしている。しかし、今年はこれまでと様相が異なる。イノシシにも感染する豚コレラが全国で猛威を振るっているからだ。【丸井康充】

 「安易に恐怖心を持つことはないが、風評が怖い。これから書き入れ時なので危惧している」と市内の飲食店経営者は吐露した。

 豚コレラは人には感染せず、仮に感染した豚肉や内臓を食べても人体に影響はないが、強い感染力と高い致死率で、畜産業に深刻なダメージをもたらす。そこで猟友会や行政機関は防疫体制を強化するため、野生イノシシのハンターに細心の注意を訴…

この記事は有料記事です。

残り387文字(全文644文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 編集部のよびかけ れいわが主張「消費税廃止」の賛否は

  2. 台風上陸翌日、自転車飲酒運転で警察から聴取→報告せず豪州出張 埼玉県の部長更迭

  3. 天皇陛下、宮中三殿に拝礼 即位の礼を行うことを祖先に報告

  4. 仕込み直前、濁流が酒米襲う 台風19号で被災の酒蔵、復旧進める 栃木

  5. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです