メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

罪と更生の間で

再犯防止の現場/3 少年院「美保学園」 大人が協力し「機会」を /鳥取

 家庭裁判所で保護処分を受けた、おおむね12~19歳の未成年の更生を担っているのが少年院だ。米子市の「美保学園」は山陰唯一の同種施設。現在10人が社会復帰を目指している。

 警察庁のまとめによると、2018年に検挙された刑法犯少年は少子化の影響もあって減少傾向にある一方、再犯者率は10年前から4ポイント増え35・5%。成人しても、容易に足を洗えない実態が浮かび上がる。

 美保学園は収容期間が比較的短い、原則6カ月以下の短期少年院に分類される。少年たちにまず“過ち”を気…

この記事は有料記事です。

残り768文字(全文1002文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  2. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」

  3. 東名あおり運転控訴審 1審判決を破棄、地裁に差し戻し

  4. 東名あおり運転控訴審 初公判で即日結審 危険運転致死傷成否が最大の争点 東京高裁

  5. あおり運転 暴行容疑で男逮捕 ボンネットたたく 稲敷署 /茨城

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです