昆虫食に戦々恐々 別府「地獄の生き物展」 1万人目の来場者に振る舞い /大分

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
皿のサソリにおそるおそる手を伸ばす安達さん(右端)
皿のサソリにおそるおそる手を伸ばす安達さん(右端)

 別府市の白池地獄で開催中の「地獄の生き物展」の1万人目の来場者に、サソリなどの「昆虫食」が記念に振る舞われた。

 1万人目となったのは、妻や2人の子供と訪れた大分市大在の会社員、安達由彦さん(32)。高級レストランのボーイに扮(ふん)した職員が運んだ1皿目の上にはコオロギ。安達さんは「酒のつまみになりそう」と父親の威厳を保ち、完食した。2皿目のサソリも…

この記事は有料記事です。

残り266文字(全文443文字)

あわせて読みたい

注目の特集