メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木語

マスクの同時代性=坂東賢治

お面を顔につけてデモに参加する市民ら=香港・銅鑼湾で2019年10月1日、福岡静哉撮影

 <moku-go>

 英国では11月5日の夜、人々が花火を打ち上げ、かがり火をたいて楽しむ。「ガイ・フォークス・ナイト」と呼ばれる伝統行事だ。

 1605年にカトリックの過激派が当時の国王らの暗殺を狙った「火薬陰謀事件」にちなむという。実行犯として処刑されたのがガイ・フォークスだ。

 近年、世界各地で口ひげとあごひげが特徴的なガイ・フォークスのマスクをかぶった若者らが抗議活動に参加することが増えた。

 6月から「逃亡犯条例」改正案に反対するデモが続く香港もそうだ。5日の覆面禁止法施行後の映像にもこの…

この記事は有料記事です。

残り760文字(全文1009文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  3. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  4. 「憲法9条なくては日本でない」 「豊かさの考え変えないと」 中村哲さんの言葉

  5. 「アフガニスタンは、真の英雄を失った」 カブールなどで中村哲さん追悼集会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです