メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木語

マスクの同時代性=坂東賢治

お面を顔につけてデモに参加する市民ら=香港・銅鑼湾で2019年10月1日、福岡静哉撮影

 <moku-go>

 英国では11月5日の夜、人々が花火を打ち上げ、かがり火をたいて楽しむ。「ガイ・フォークス・ナイト」と呼ばれる伝統行事だ。

 1605年にカトリックの過激派が当時の国王らの暗殺を狙った「火薬陰謀事件」にちなむという。実行犯として処刑されたのがガイ・フォークスだ。

 近年、世界各地で口ひげとあごひげが特徴的なガイ・フォークスのマスクをかぶった若者らが抗議活動に参加することが増えた。

 6月から「逃亡犯条例」改正案に反対するデモが続く香港もそうだ。5日の覆面禁止法施行後の映像にもこの…

この記事は有料記事です。

残り760文字(全文1009文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 台風19号 福島・いわき市で6人の死亡確認

  5. 即位の儀の恩赦60万人規模に 対象限定「復権」のみ実施

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです